賃貸マンションのオートロックと追い焚き機能

賃貸物件の申込み時に起こりうるトラブル

住みたい賃貸物件が決まれば、まずは入居申込書の記入を行い、入居審査に入ることになります。入居申込書には自分の情報のほか、連帯保証人となる方の情報の記入もします。家族以外の第三者にお願いをする場合は、事前に確認をした方が良いでしょう。また、入居申込書はあくまでも入居の意志があるということの確認を行うためのものであり、記入後でもキャンセル出来るようになっています。とはいえ、不動産業者に対して迷惑をかけますから出来るだけ避けたいものです。

そして、申込書と一緒に申込金を支払います。申込金は契約が成立しないとか、入居申込みを取りやめた場合は支払い済の金額は返還されます。契約が成立すれば、そのお金が敷金や礼金などの契約金の一部に当てられることになります。ただ、これは不動産業者によって扱いが異なります。具体的な申込金の定義や預かり期間などについては各不動産業者に確認をしましょう。しかし、この申込金についてはトラブルになることもあるので注意しなければなりません。キャンセルをしたら返還される筈のお金が返ってこないというトラブルも実際にあります。これは明らかな法律違反ということになります。トラブルにならないためには、申込金を支払った旨を証明する預り証を発行してもらいましょう。