賃貸マンションのオートロックと追い焚き機能

賃貸物件の契約で重要なこと

いざ賃貸物件の契約となれば宅地建物取引主任者から重要事項と賃貸借契約書の説明があります。これは素人には難しい話なので面倒に感じますが物件に関する重要な事項の説明ですから内容をしっかり確認しましょう。納得出来れば署名捺印をしましょう。この際に、重要事項説明と契約内容に食い違いがないか、不明な点がないかということは隅々まで内容を読む必要があり、抜けが無いように確認をすることが必要です。納得できなければ納得し、理解できるまでサインはしないようにするべきです。また、口頭で追加事項の説明をする業者もいますがこれには注意しましょう。後になって、言った言わないの話になりがちですから、口頭説明を受けたことに関しては文書にしてもらうことは鉄則です。

また多くの場合、正式契約時に諸費用を支払うことになります。これは持参するか振込むかは不動産業者によって違いがあります。支払いをしたら領収書は忘れずに受け取りましょう。賃貸物件の契約に必要なお金は地域ごとにも差がありますが、基本的に家賃の6ヶ月分を用意しておくことが無難です。主に家賃と前家賃、敷金、礼金、仲介手数料となります。この他に引越し代金なども必要になり、賃貸物件の契約のためには資金を十分に用意しておきたいものです。